お問い合わせフォームをWordPressのグローバルメニューに表示させる

ここでは、WordPressの固定ページで作成したお問い合わせフォームをグローバルメニューに設置して、トップページから見えるようにしていく方法を解説しています。

コンタクトフォームを使ってお問い合わせページを作ったのに、この作業をしておかないと、あれれ?どこにいったかな?ってな具合で、表からは見えないのです。

あっという間にできてしまうので、サクッと進めていきましょう。

Sponsored Links

グローバルメニューにお問い合わせフォームを表示させる

赤丸の部分が、グローバルメニューの場所です。

ワードプレスの管理画面から、①外観→②メニューと進みます。

●①外観 → ②メニュー

グローバルメニューを編集

はじめてグローバルメニューを設定する場合は、まず右側の青色ボタン「メニュー作成」をクリック。

メニュー構造の箇所にあるメニュー名は、何もしなくて、このままでOKです。

「メニューを作成」の青色ボタンをクリックすると、左側の「メニュー項目の追加」の項目が黒文字に変わって、チェックマークを入れることができるようになります。

ここで表示されているのが固定ページで作成した「お問い合わせフォーム」や最初からデフォルトではいっているサンプルページなどです。

今回表示させたいのは「お問い合わせフォーム」なのでそれにチェックマークをいれて、③「メニューに追加」をクリック。

③メニューに追加ボタンを押すと、追加表示させたい固定ページが右側に表示されます。

グローバルメニューを表示させる位置決め

続いて、グローバルメニューを表示させる位置決めをします。

  • 上部にのみ表示させる場合は、ヘッダーのナビゲーションにチェック。
  • サイトの一番下、フッダーに表示させる場合は「フッターのメニュー」にチェック。

このサイトでは、ヘッダーとフッターに表示させたかったので、2箇所にチェックマークを入れています。

表示設定場所が決まってチェックマークを入れ終わったら、右下の「メニューを保存」、もしくは右上⑤の「メニューを保存」をクリックすれば完了。

TOPページに戻って、きちんと表示できているか確認してみましょう。

ちなみに、この記事を書いている時点では、既に固定ページの記事が増えています。

その中で、必要なものだけをグローバルメニューに表示させています。

2019年現在、プライバシーポリシーと運営者情報は必須になっているので、これもグローバルメニューに表示させています。

ちなみに、プライバシーポリシーってどんな風に書けばいいの?って方は「ぽんかんチャンネル」のプライバシーポリシーをコピペして使って頂いてOKです。

りんご
コピペはダメでしょ!?

ぽんかん
通常、自分のサイト内の記事であっても「コピペは厳禁」ですよね。ただ、プライバシーポリシーは、Google推奨の定型文なので、どのサイトもほぼ同じになってしまうんですよ。

まとめ

ここでは、WordPressの固定ページで作成したお問い合わせフォームをグローバルメニューに設置して、トップページから見えるようにしていく方法を解説しています。
2019年時点で、プライバシーポリシーや運営者情報の掲載は必須になっています。
なので、これも合わせて、きちんと見えるところに表示させておいたほうがいいですね。
運営者情報では、ニックネームでも今の所大丈夫です。
ただ、ビジネス商用ブログの場合や、ブログを収入の柱にする場合は、サイトを読んでくださる読者さんに安心してもらうためにも、最低限度の情報は載せておきましょう。

人気ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Sponsored Links

ピックアップ関連コンテンツ